仲よし老夫婦の店

路地に一軒のお好み焼き屋があった。
そこの主人は体格の良いおぢいさんで
なかなかハンサムであった。
また、そこのおくさんがやさしい顔で
本当にうらやましい。
その店では小さな鉄板で四人前焼かれる。
当時一枚五銭であった。

ある日子どもと三人で作ってもらった。
小さくてもメリケン粉がしっかりしていて
竹輪をうまくきってならべ、ハスの小さいのをおき
海老をパラパラふりかけ、その上にメリケン粉をかさね
ぱっとひっくり返してそれからのりが乗せられる。
そしてソースを刷毛でぬってハイできあがり・・
おばあさんのその早いこと。
若い私もこのわざには負けましたね。
おやつには丁度良い大きさでした。

ほかにも一銭で買える飴玉やせんべいや
くじを引くのもあって、
ほのかな子どものパラダイスのお店でしたよ。
なんとも、今では考えられないぐらい平和な路地裏の
なごやかさでした。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 自分史・自伝へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

いろはにほへと
2009年04月22日 17:24
アクティブシニアのインターネットライフを応援する【いろはにほへと】を運営しております。

このたび貴殿のブログを拝見させていただき
弊社が運営するポータルサイト「いろはにほへと」に、厳選ブログとして掲載させていただきました。
※もちろん料金はかかりません。

URLはhttp://www.irohanihoheto.tvとなります。

この登録によりアクセス数が少しでも増加し、貴ブログの発展につながればと願っております。
お時間があるときにでも、ご覧いただければ幸いです。

当サイトは貴ブログのような魅力的なサイトと、相互リンクをしていきたいと考えております。
宜しければ相互リンクしていただけると幸いです。

貴サイトの益々のご発展をお祈りいたします。今後ともよろしくお願い申し上げます。
yaekoピエロ
2009年04月22日 20:04
いろはにほへと様へ

ご訪問ありがとうございます。
貴ブログを拝見させていただきました。
相互リンクの件、了承しました。
よろしくお願い致します。
操作が今ひとつ分かりませんが一応試してみたいと
思います。

この記事へのトラックバック