仲よし老夫婦の店

路地に一軒のお好み焼き屋があった。 そこの主人は体格の良いおぢいさんで なかなかハンサムであった。 また、そこのおくさんがやさしい顔で 本当にうらやましい。 その店では小さな鉄板で四人前焼かれる。 当時一枚五銭であった。 ある日子どもと三人で作ってもらった。 小さくてもメリケン粉がしっかりしていて 竹輪をうまくきっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more